<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

テニス様Genius376感想
柱『チョコの数ではリョーマ達に負けない許斐先生に応援のお便りを!!』
 うん、まぁリョーマ達(青学メンバー)には負けなくても跡部と真田には負けたけどね。2008年は誰がチョコランキング1位になるか楽しみです。やっぱまた跡部なのだろうか。甲斐はバレキス効果でどこまでいけるのか!?


 今週面白かったです!光った!光ったよリョーマが!あははははは。

 というか、私はずっと幸村の回想シーンに納得がいかなくてあのシーンは本当に意図が分からんとうだうだと不満を引きずってたんですが、あれは「五感を失ってもテニスから逃げずに楽しいと言うリョーマ」と「テニスが出来ないであろうと言われて一度テニスから目を背けた幸村」の対比の為に必要なシーンだったんだ!!と今週分かって非常にスッキリしました。良かった!
 なるほど幸村のバックボーンを深める為じゃなくって、今やってる勝負(というよりテニス。……テニス?)の勝敗のキーの為に必要なシーンだったんですね。納得。

 そして、この対比によってリョーマの勝利が見えてきました。テニス(?)的側面と、メンタル的側面の2つで。

 テニス(?)的には、"天衣無縫の極み"には、テニス(?)への想いが必要だったというなら、リョーマの方がより高みに上れたのも納得。
 後、メンタル的側面として、この出来事によって幸村は「誰もがもうテニスをするのも嫌になるこの状態でこのボウヤは… やはりキミは危険すぎる」と、なんか心情的な面でリョーマの事認めてる発言だからこれで気持ちよく負けれますね!
 後は幸村が気持ちよく負けるだけですね!

 正直、幸村が化物すぎてどうなるんだろう(というか許斐先生どうするんだろう)と不安も大きかったのですが、これならリョーマが勝つのも心情的に受け入れられます。どうせ主人公補正うんたらとか言えないです。
 なんというか…五感を失ってテニスとかもうそうゆう問題じゃないよって次元になってもなお、「テニスを嫌いになれる訳ない」とか「テニスって楽しいじゃん」とかテニステニス言われたら、なんかまさにあいつこそはテニスの王子様って感じです。いやテニスじゃないって!テニスじゃないよ今君らがしてる勝負は!!!
 これはもうリョーマが最強キャラでいいわ…。認めざるをえない。

 後幸村の五感剥奪の能力って、幸村は自分がテニスを出来なくなった(いや今してるけど)時に自分が感じた絶望を同じ様に他の誰か(対戦相手)にも与えたかったんでしょうか?なんかネク
 でもリョーマはそれを乗り越えちゃってますから、やっぱりコレはリョーマが勝つのも納得で、今週は本当に良かったなーと思いました。

 後はどう締めくくるか楽しみなんですけど、なんかもう心情的には十分納得できるので、これでもし天衣無縫の極みの正体がしょぼくても別にいいかなぁと思ってきました。
 っていうか天衣無縫の極みって何なんでしょう。なんか私には理解出来ない何かだといいなぁ。思いっきり意味が分からなくて、思いっきり理解できなくて、でもなんかインパクト的にはすげぇぜ!って感じのテニス(?)だったらいいなぁと思います。
 来週は巻頭カラー!楽しみです!!

 それにしても、昔はネタとして笑っているだけだったのですが、いつの間にこんなに感情移入よりの感想を書く様になったなぁとビックリしました。テニプリに感情移入とか、ありえないと思うんですけどね今でも。何が起こるかわからないものです。

スポンサーサイト
コメント
この記事のトラックバックURL
http://bidoku.jugem.jp/trackback/90