<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

神の子のKY能力で言って欲しいこと
幸村「これは上着を落とすゲームじゃないよ」
幸村「力はあるけど打球が単純すぎる……」
幸村「ボールは分身などしない…常に1つだよ」
幸村「ボールは決して消えたりなどしない」
 の発言について。先号の話ですみません。

 先々週のテニプリはとにかく、幸村がまともな事を言い出しすぎてリアルに眩暈がしました。
 なんていうか、だってそれ言ったらこの漫画終わりじゃないですか。
 幸村は越前の命じゃなくてこの漫画を終わらせようとしているんだと思いました。恐ろしい。
 漫画の運命をになってるなんて、さすが神の子です。


これがありなら
小春「笑わせたもん勝ちや」
幸村「テニスは笑いを取るゲームじゃないよ」

菊丸「菊丸印のステップ発動!」
幸村「人は分身などしない…常に一人だよ」
 も、幸村にぜひとも言ってもらいたかった


 もし、氷帝戦に神の子がいたらどうなっていたでしょう。こんな事とかを言ってくれたのでしょうか。ちょっと想像してみました。
忍足「心を閉ざす!」
幸村「人は心を閉ざせない……」

日吉「演舞テニス!」
幸村「正直そのフォーム球打ちにくくない?」

向日「アクロバットテニス!」
幸村「テニスは跳ぶスポーツじゃない」

鳳&宍戸「オーストラリアンフォーメーション封じ!」
幸村「ダブルスでそんなにくっついてバカじゃないの?」

越前VS跡部戦「照明が落ちた!」
幸村「試合は一時中断だね。カウントは照明が落ちる前から。それにしても照明がコートに落ちるなんて、ひどい不祥事だね。後で運営委員に抗議をしないとね^^」
 サーセン幸村でもなんでもなく私の心の叫びが混じってますが。
 とにかく、盛り上がりを台無しにしてくれたのに違いありません。


 ところで多仁志様のビックバンを「力はあるけど打球が単純すぎる……」とかわす幸村ですが

 ↑コレが単純な打球に私は見えないんですけど…。

 幸村は神の子なので許斐先生の演出なんて取っ払って見えるのでしょうか。じゃあコレとかコレも
 
柳生「レーザービーム!」
幸村「要するにまっすぐに早く打った球だね」

乾「ウォーターフォール!」
幸村「中学生にしては早いサーブだね。でもそれだけだ」
 みたいな事になるのかなぁ…。だって現実的に考えるとボールは光らないし衝撃波も出ないですしね。
 許斐先生の演出と技名で騙されてたけど意外と普通のテニスだったのかもしれません。
 でもそれ言ったらこの漫画何も面白くないんですが…。


 金ちゃんの超なんたら大車輪も
幸村「なるほど。奇抜な動きと技名と派手な演出だ……。けれど要するに、ただの思い切り力を込めたスマッシュだね」
 という身も蓋もない事言われてたらどーしましょう。
 だって、現実的に考えてそれしかないですし。
 あああ。でも今まで空気読めてる観客にあんなに騒いでもらえてたのにこんな事言われちゃったらそらー緊張でイップスにもなりますよ…。(?)

 逆に、石田師範のあの一言でなんたら大車輪をすごい技だと思い込んでいた、私達の想像力の方が間違っていたのかもしれません。
 だって幸村の方が正しいよ。間違ってるのは私達だ。


後は
跡部「俺様の美技に酔いな」
幸村「お前はまず自分に酔っている」

不二「たった今出来たよ…百腕巨人の門番」
幸村「今出来た割には随分凝った名前だね」

白石「んんーっエクスタシー!」
幸村「この変態!」
 とかも言って欲しい。多分幸村なら言える


 さて。冗談はさておいて、幸村の能力なんですけどちまたでは「事象の否定」とか「能力の無効化」等というカッコいい解釈をされていて驚きました…。
 だって、私には単なるKYにしか見えないんですけどむしろ私がKYでしょうか…。
 と思っていたんですけどくず鉄作りの海さんで「空気を読まない能力」と称されててカフェオレ・ライターさんでも「究極のKY」と言われてて安心しました。やっぱKYですよね。
 しかもこのKY能力、恐ろしいのはストーリー的に盛り上がらせてもらえない所だと思います。テニプリの強さの基準って「どれだけ奇抜な事をして観客を沸かせたか」だと思うので(あれ?間違ってる?)幸村は本当に恐ろしい男だなぁ、と思いました。
 っていうか越前大丈夫かなぁっていう心配よりこの漫画大(ry

 もうちょっとカッコよく言うと「テニプリ界唯一ツッコミを許された男」だと思います。(……カッコいい??)
 今までボケ倒す事でこのテニプリという世界観が構築されていたのにそれを一瞬で台無しにしてしまうなんて本当大丈夫かと思うんですけど。
 まぁ今週も約1ヶ月にわたって築き上げてきたラスボス戦の緊張感をヤンス君とムカちーん!で見事に台無しにしてくれたし。もう…。黙って見守るしかないんだろうなぁ…。


 テニプリは今まで丁寧に積み重ねてきたエピソードやこちら側の価値観を一瞬で粉々にしてくれる所が快感だと思います。
 なんかもう…どうでもよくなる所がいいです。
 あと余談ですけど、上↑の方の画像で使った柳生(仁王か)の「レーザービーム!」のコマが私がテニプリの中で一番気に入ってる1コマです。なんかあのバカバカしい感じが妙にツボに入って好きです。

スポンサーサイト
コメント
この記事のトラックバックURL
http://bidoku.jugem.jp/trackback/79