<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

雲雀&骸は跡部様を色んな意味で越えれるか
 テニスの王子様といえば100曲マラソンというイベントを開ける程キャラクターソングが出ている事と、跡部がオリコンチャート9位を取った程大人気という事が(私の中では)有名です。

 そのキャラソンですが、今年から「家庭教師ヒットマンREBORN!」でも発売されていて、今週のジャンプ(3・4合併号)で雲雀と骸の曲がトップ10入りした事が載っていました。

 この曲はなんと7位!だったそうで(情報ありがとうございます)、跡部の曲が何枚目かのシングルで勢いが出てきた後の9位だったのに対し、リボーンは初シングルCDで7位という事ですごいなぁと思いました。
 しかし、この7位という順位、雲雀バージョンと骸バージョンの2パターン出ていて、その2つを合計した順位だそうです。カップリング曲が、雲雀バージョンには雲雀のソロ曲が、骸バージョンには骸のソロ曲が入っているそうです。
 カップリング曲にそんなカラクリがあるなら、跡部様が負けてしまうのも致し方ありません。

 だって、跡部様がオリコンチャート9位入りしたCD「理由」は、カップリング曲は「E気持」でした。
 跡部様が『♪ABC〜 ABC〜 ハーン E気持ち〜』(←サビ)と歌い上げるDはどこにいったというか、なんというかツッコミも不能になるアレな曲なんで、もう跡部が抜かされるなんて仕方ない話です。後、歌詞の合間でいちいち「アーン?」と言うのがきもいと思います。
 しかもこの曲の数年後に忍足が『A気持』というCDを出すという二段構えです。なんというかさすがテニプリです。抜け目ありません。
 


 跡部の曲は他のもひどくって(褒め言葉)個人的には「チャームポイントは泣きボクロ」が一番好きです。
 もうタイトルからしてアレですが、跡部が『♪チャ〜ムポイントは〜泣〜きボクロ〜ハヒフヘホクロ〜』(←サビ)と歌い上げる、頭を抱えた後飛び込み前転をしたくなる様な素敵な曲です。
 この曲の酷い所は、跡部が気持ちよく歌ってる途中、鳳・宍戸・樺地・岳人・日吉・ジロー・忍足が参入してきて跡部を引き気味に眺めて会話してる所で、跡部がこの氷帝メンバーにバックコーラスを強制するのが本当にひどい素敵だと思います。…バックコーラスというか、合いの手?
 これによってこの曲は
跡部   「♪チャ・ア・ム ポイントは〜」
氷帝メンバー「♪フッフ〜」
跡部   「♪泣〜きボクロ〜」
氷帝メンバー「♪フッフ〜」
跡部   「♪ゴージャスホクロ〜」
氷帝メンバー「♪フワッ フワッ フワッ フワッ」
 という何とも言えないカオスな状態になります…。本当、もう、誰かキングを止めてくれ

 跡部の跡部様っぷりはミュージカルでもご健在で、漫画でも人気が高い試合だったという手塚VS跡部戦で、「俺様の美技に酔いな」というセリフの後、『俺様の美技にブギウギ』という素敵な歌を披露してくれます。
 ジローと岳人と宍戸をバックダンサーに従えて「♪そうさ 俺様の美技に〜 酔いしれろ 俺の美技に ブギ ブギウギ ブギウギ〜♪」と、歌って踊ってくれます。さすが跡部様です。
 ……これが間違ってカッコいいから困る。

 後、キャラソンに戻ってやっぱり跡部の電波曲とも呼ばれるあの曲も素敵です。「…みたいなアルケー。」
 この曲は、歌詞がメチャクチャすごいので是非聞いて欲しいのですが、どうせみんな聞く機会がないと思うのでネタバレしてしまうと、(ネタバレにつき反転)まず「ストーカーソング?」と思って、その後「…あれ、記憶喪失ソング?」となって、その後まさかの夢オチになって、最終的に「まぁいいか」でしめるという、もう、なんてコメントしていいか分からない曲です。フルで聞いて、是非困惑して欲しい曲です。
 歌詞を考えたのは跡部の声を担当していらっしゃる方で、もう、どうしてこの歌詞を考えたのか本当に素敵だと思います。
  .…みたいなアルケー。



 ……話が長くなりましたが、そんな風におふざけの過ぎる跡部様のCDなんて、さっさと雲雀&骸は抜かしていいと思います。
 だって、跡部様はネタ的にとても輝いていてカッコいいけど、リボーンの雲雀&骸は普通にカッコいいもの。多分キャラソンも普通にカッコいいと思うので、普通に人気出るでしょう。
 そんな事を思いながら雲雀&骸の曲を聞いてみました。

六道骸「♪クフフ〜 クフフ〜 クフフのフ〜」(←サビ)

 …………………!!!?????
 え、ちょと待って。骸さんどうしたの。カップリング曲のタイトルが「クフフのフ〜僕と契約〜」って、ええ!!?しかも歌詞の合間にも「クフフ」と言っていて、それじゃ跡部と変わらないじゃないの!!!

 まとめ↓
跡部 「(歌詞の合間に) アーン?
雲雀 「(サビの初めで) ワオ
骸 「(歌詞の合間&サビで) クフフ
 ……………………………。

 ちょっと待ってくれ。
 テニプリはギャグ漫画だからどんなにギャグを飛ばしてキャラ崩壊してもいいと思うのですがリボーンはいかんでしょう。あ、リボーンもギャグ漫画だったか!…いやいやっ!!
 と、いうか、あの跡部様だって初CDでは普通にカッコいい普通の曲でした。六道骸は初シングルだというのに何故イキナリ笑いをとりにいっているのでしょう。大丈夫でしょうか。ファンが困惑しないでしょうか。それともキャラクターソングでは笑いを取らなくてはいけないという掟でもあるのでしょうか。浅学の私には分かりません。
 ……六道骸のテンションが高くて素敵です。
 


 ……いやぁ。本当ビックリしました。まさかふざけなくても普通にカッコいいリボーンキャラまでもが笑いを取りにくるなんて……。リボーンの商品展開はテニプリの流れを汲んでいるというのは思っていましたがそこまでマネしなくてもいいと思うのです。
 でもまだリボーンのキャラソンシリーズは始まったばかりなので、これからどうなるのか……期待してしまいます。えっと…チャート的にも…その……ネタ……的にも。跡部様を越えたら面白いなぁと思います。
 頑張って欲しいです。

 そしてクフフソングが頭から離れません。困った。
スポンサーサイト
コメント
明けましておめでとうございます。お久しぶりです。年末にこんな濃い記事を書いていらっしゃるSARAHさんがすきです。(照れながら)

掲載されているCD、全部iPodに入っています。クフフ〜はうちの社内(ふつうの会社)で大流行中です。なんというか、頭から離れない、という時点で勝ちなのだなあと、私は負けたのだなあと、毎日の通勤電車の中で思うのです。
| pencapchew | 2008/01/01 6:15 PM |
 あけましておめでとうございます。お久しぶりです!といってもブログの方いつも見させて貰ってました!
 本当、年末に何書いてるんでしょうね(笑)。何か気付いたら年末だったんです…。時の流れが恐ろしい…。
 pencapchewさんがテニソンにハマっていらっしゃるの実は知っていました(笑)自分もですね、遅まきながらテニソン&テニミュにはまってしまって、もうずっと頭の中がテニヌ様で我ながら恐ろしいです。
 会社で流行中なんですか!それは素敵な職場すぎます!!!自分も本当にあのクフフ〜が離れなくて…。でも骸さんになら負けてもいいですよね☆
| sarah | 2008/01/01 7:29 PM |
あけましておめでとうございます、お邪魔しております。
クフフのフは本当に頭から離れないのですが、ひとつお節介を申し上げますに、聞き続けているうちにだんだん「あれ、でもこの曲、けっこうかっこいいよ」と思ってきます。
頭から離れない、という段階で絶たないとドツボです。
どうぞ、ご注意ください……私はもう駄目です。
| mitu | 2008/01/01 9:56 PM |
>mituさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
かっこいい…ですかね(笑)。私は面白い所が良い曲だと思います。後、中毒性がある所が素敵だと思います(笑)。クフフの虜です。
かっこいいと思えなくてすみません…。
| サラ | 2008/01/11 8:41 PM |
この記事のトラックバックURL
http://bidoku.jugem.jp/trackback/72