<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

幸村様マジこわい(「新テニスの王子様」8&9話感想)
 お久しぶりです。新テニスの王子様感想です。
 あの…その…正直すみませんでした。これからはお休みしないで頑張っていきたいですがまたお休みしてしまったらすみません
 今月は表紙が水着でSQ.を買いづらかったです。というか越前がモカにボールぶつけようとしてるみたく見えました(笑)。
ジャンプ SQ. (スクエア) 2009年 08月号 [雑誌] ジャンプ SQ. (スクエア) 2009年 08月号 [雑誌]

集英社 2009-07-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


〜今までの展開おさらい〜
 謎のメンタルコーチ斉藤至(43)に「2人組みを作ってください!」と言われダブルス練習だと思ってペアを組んだら脱落バトルだったという同時多発ロミジェロ展開バトルロワイヤル展開でした。
 かつて心を通い合わせた仲間と戦わなければならない…これはとんでもなくとある層の女子においしい非情で苛酷な展開です。仲間との対決に心を痛める少年を見ていると、とても胸がきゅんきゅんと痛みます。(※冗談で言ってますので)
 それにしても「負けた方は脱落」というルールは過酷すぎます。斉藤(43)は中学生選抜メンバー50人だけでなく私達テニプリファンのメンタルまで鍛えるつもりなのでしょうか。試合が始まる前から心が折れそうです。ところで、テニプリ汚乙女達の間ではメンタルコーチの斉藤(43)が罵られてますが、皆落ち着いてください酷いのは斉藤じゃない、許斐神です。
 許斐神ならしかたない。なんともニーズに応えた対戦表といい、本当に許斐神はしかたない。大好きです。


 さて、7月号で「忍足vs向日」「仁王vs柳生」「大石vs菊丸」の試合が終わり、8月号では「神尾vs伊武」「蔵兎座vsリチャード」「幸村vs真田」の試合が始まります。既にリ●ャードと真×の死相が見えてる気もしますが気にせず感想を進めます。

 蔵兎座vsリチャードについて、出オチかと思ったら出オチじゃなかった裏山しい太がこう説明します。
しい太「こっづは外国人(ハイカラさん) 赤也先輩を磔にすたリリデアント蔵兎座と みちのくの流れ星(シューティングスター)坂田でやんす(↑)」
 もうこの1コマでツッコミを入れたくて仕方ありません。
 「外国人」と書いてルビが「ハイカラさん」……。うん…。「赤也先輩を磔にすたリリデアント蔵兎座」←この説明でテニス漫画を連想する人がいるでしょうか。リチャード坂田の称号が「みちのくの流れ星(シューティングスター)」。……うん……。
 みちのくのシューティングスター、蔵兎座に足掛けをします!蔵兎座さんすっころびます。こいつは確かくじ引きの時に手塚に足をかけて「随分長い足だな」とイヤミを言われていました。もう「みちのくの流れ星」なんて称号いらんよ。「足掛けの坂田」で十分だよ。っていうか既に死亡フラグがたっているというのにそれをまた強固なものにしやがって足掛けの坂田…!


 一方、真田vs幸村の試合も始まります。幸村と真田は立海の部長と副部長、立海の頂上対決です。
 「難病から奇跡の生還を果たした『神の子』と呼ばれし幸村精市」「『風林火陰山雷』の究極奥義で常に相手を真っ向勝負で捻じ伏せてきた皇帝真田弦一郎」。このキャラ説明を読んでる限りではこれから何の試合が始まるのか分かったもんじゃありませんが、なにやらテニスの試合が始まる模様です。これからテニスの試合が始まる模様です。(大事なことなので2回言いました)

 真田、試合早々『風林火陰山雷』の『火』を打ち放ちます。始めからクライマックスです。謎のダイナミックな動きをする『火』ですが、いつも1ページ以上のぶち抜きだったので1/4ページのスペースでやられるとちまくて窮屈に感じます(笑)。
 真田があんな派手な動きで『火』を打ったにもかかわらず幸村は地味(普通)なエフェクトでボールを返します。幸村はどんな派手な技を使っても淡々と地味にボールを返してくるからひどいと思います。「手元に隙がありすぎるよ」と精神攻撃も忘れません。
 『火』を返された真田は、次は『雷』を発動。
 この『雷』は全国大会決勝戦対手塚戦で使った技。ラケットに穴をあけてしまうのでボールを返しようがないというひどい技です。無印テニスの王子様の真田vs手塚戦では、手塚は「返せない球なら返さなければいい」とお前一休さん?的なトンチ理屈で、ボールをひきよせる手塚ゾーンに逆の回転をかける手塚ファントムを発動し、ボールを全て外に弾き出しました。そしてその結果、手塚の腕が紫色に…。
 あの手塚でさえあれだけ苦労した技です。ガットを突き破って決して返さないという技に幸村はどう対応するのかー!?
 グリップで返しました。
 なんていうかすごく地味です。確かにガットで返せないならグリップで返せばいいですね。正しいんですけど、真田vs手塚戦ではスミレちゃんは泣くわ大石は叫ぶわあんなに盛り上がったのに…。
 他のキャラ達は誰かが超現象技を使い出したら更にそれを上回る超現象技を開発して立ち向かうのですが、幸村だけは何故か超現象を気に食わないかの様に現実的地味に返してくるので酷いです。お前も超能力使おうぜ。
 しかしまぁ正しいですね。コストパフォーマンスが最適です。白石だったら「なんて無駄のないテニスや!」と感動してくれるでしょうか…。(※放課後の王子様ネタ)

 必殺技を返された真田は「ほうナマってない様だな幸村」と上から目線。一方の幸村も「フフ…真田もね」とやはり上から目線でした。はいはい可愛い可愛い。
 続きが気になってページをめくると、足掛けの坂田が磔になってました。漫画を読んでいないでここの感想だけを読んでる人は「え、磔?」と何のことだかよく分からないと思いますが漫画を読んでもよく分からないのでどうか漫画を読んでくださいお願いします。
 神尾vs伊武。正直どうでもいいので省略。

 戻りまして真田vs幸村。他の試合は決着が終わったのにこの2人はまだ1ポイント目のラリーを続けていました。
 そうして段々と真田の動きがおかしくなってきます。
真田(見えんそして――…聴こえん)
 きました。「幸村のテニス」、五感剥奪です。この幸村という男、対戦相手の五感を奪うことができます。お願いだからテニスして下さい。
 そして真田の五感を奪った幸村は真田の腹にドゴッとボールをぶつけます。真田の耳にガッとボールをぶつけます。「容赦ねぇ」とかそんな問題ではない
 あの…別に真田にボールをぶつけなくても、コートの開いてる所にボールを入れれば試合に勝てるんじゃないでしょうか?なんでわざわざ五感を奪われて無抵抗の真田にボールをぶつけるんでしょうか…。幸村の趣味でしょうか。幸村こわいなぁ…。
 そんな幸村の回想とモノローグが入りました。病気になった時の事を思い出す幸村。
幸村「本当に(真田に)感謝している!」
 え、マジで?か、感謝…?
 普通の人間は感謝している人間にボールをぶつけたり五感を奪ったりしないと思うのですが…。っていうか感謝する・しないに関わらずそんな事しないと思うのですが。でもまぁテニプリだしなぁ…いやいや。
 アオリでも「あの日々に報いる為!友への一打に迷いなし!!」の文句が。ちょっとは迷ってください。っていうか、真田おもいっきしのけぞってますが…。ちょっと、真田がかわいそうだからね…。幸村、ちょっと、手加減…。っていうかボールぶつけなくても勝てるから…。ああ…。
 公開処刑を遂行しながらも、幸村は「キミのお陰でここまでテニスをする事が出来た」「キミが一番部のことを想って勝ちにこだわっていてくれた」と真田への思いを綴ります。どうやら、本当に感謝している模様です。恐ろしい。幸村の感謝の気持ちが恐ろしい
 幸村的には感謝の気持ちをテニスで表すとこうなってしまうのですね。奥が深いです。

 真田は五感を奪われながらもイップス(なの…?)を気力で打破しようとしています。
 そして次のページで、幸村のこめかみをかするボールが!
 幸村のアイデンティティーの1つのバンダナが切れました。この試合ではジャージをカーディガン風にはおるという事もしていないので、幸村のアイデンティティーがどんどん薄れていきます。まぁそんな事は置いといて。
 真田になんともおぞましい黒いオーラが!!
 そんな真田を見て一瞬恐怖を抱く幸村。この幸村が恐怖を抱くなんてそりゃ真田の黒いオーラはとんでもなく恐ろしいものに違いないです。
 幸村は真田の黒いオーラに一瞬恐怖を抱き、つぶやくのでした。
幸村「…テニスを楽しもうと思ったけれど そんな余裕はなさそうだ」
 テニスを楽しもうと思っていたらしいです。 「真田の五感を奪った上で腹や耳にボールを当てて楽しもうと思ったけれど そんな余裕はなさそうだ」に見えるのは私の気のせいでしょうか(笑)。
 だって、テニスって言っても真田の五感奪ってたし…容赦なくボールぶつけてたし…。幸村なら真田いじめるのも楽しみそうな気がしませんか…?っていうか今回の試合はテニスなんですかね…?彼の言動もどう捉えて良いのかよく分かりません。
 とりあえず幸村は恐いです。いつかテニスで人を殺めてしまいそうで恐いです。


 そうして真田vs幸村戦は7−1で幸村が勝利をおさめました。
鬼センパイ「あの黒帽子鍛えたかったわい」
入江「まあしょうがないです…かね 斉藤コーチの判断だからね」
 先月の菊丸のラケットもそうですが、負けたら本当に脱落しますからね的なダメ押しが入ります。脱落なんて嘘でしょうという読者の声が絶望と共に散ります。まぁ許斐先生はやると言ったらやるからね。跡部様だって頭の毛を刈るからね。その後カツラで出てくるけどね。

 以下簡易感想。
 木手vs甲斐:試合シーンすらかかれないってひどい(笑)。
 不二兄vs不二弟:7−0で不二兄の完勝ですが兄貴と比べられるのが嫌で聖ルドルフに転校したとは思えない爽やかぶりでした。不二弟も大人になったものです。
 宍戸vs鳳:なんだこの爽やかぶり。
 ……っていうか短っ!!!
 サクサクと3試合が消化されて淋しいです。宍戸vs鳳とかとても楽しみにしていたのに…!!!
 淋しいですけどなかなか話が進まないですししょうがないのですかね…。無印は4ヶ月程を9年かけてやりましたけど、新テニも1日経つのに1年以上かかりそうですしね…。

 さて、来月は我らが跡部様。
跡部「さあ…ショータイムの始まりだ!!」
 と、ショータイム宣言で2ページを使いました。ちなみに神尾vs伊部や宍戸vs鳳の試合シーンも2ページでした。神尾・伊部・宍戸・鳳の試合シーンと跡部様のショータイム宣言が同じページ数ということになります。
 これが格差社会というやつか…!
(人気的な意味で)
 なんというか跡部様は相変わらず跡部様です(笑)。今月ではキャラクター人気投票を募集しているので跡部様が1位に輝くのを楽しみにしてます!ついでに「ペア」が違う単語に見えます!
 今月の幸村の公開処刑は気が重かったので、来月の跡部様のショータイムが楽しみです!



(※ここから下は少し窺いすぎの偏った感想です)

 今回の幸村の「テニスを楽しもうと思ったのに」発言ですが、「テニスを楽しむ」のキーワードは、無印テニスの王子様の決勝戦・越前vs幸村戦を思い出させます。
 無印のラストを飾った越前vs幸村戦では、越前は幸村に五感を奪われながらも「テニスって楽しいじゃん」と『天衣無縫の極み』に目覚めました。『天衣無縫』には「最初にテニスに出会った時のテニスを楽しむ気持ち」だったらしいです。
 天衣無縫に目覚めた越前リョーマに「楽しんでる?」と言われて、「ふざけるな!テニスを楽しくだと!」と思った幸村。
 そこで今回の幸村の発言。「テニスを楽しもうと思ったのに」。
 幸村がテニスを楽しもうと思ってくれたのは大変に嬉しいのですが、そのテニスの楽しみ方はだいぶ間違えてると思います。幸村のテニスの楽しみ方=真田を強制イップスにして五感を奪ってボールをぶつける。こわっ!幸村こわっ!
 越前の「楽しんでる?」というメッセージがいまいち幸村に伝わっていません(笑)。まぁ、あの伝え方で伝わるわけもないんですけども…(笑)。そういえば、真田の「真っ向勝負であの小生意気なルーキーを倒せ それが王者立海のやり方だ!!」のメッセージも幸村には伝わってないくさいですよね(笑)。ゆ、幸村ーーー!!!
 幸村ってラスボスでしたが、色んな意味で反テニプリ的な位置付けなんですかねぇ。非常に興味使いです。
 ってか、あの無印テニスの感動(?)のラストバトルがここにきて台無しになった気分なんですけど…(笑)。幸村恐ろしい。何より許斐先生恐ろしい。許斐先生のエピソードを積み上げておいてそれを惜しみなくぶち壊す姿勢が大好きです(笑)。ほんと許斐先生は何をしでかすか分かったもんじゃない。一生ついていきます。

スポンサーサイト
コメント
今回もすばらしい感想をありがとうございます。
あんなに頑張ってファントムを打ち続けた手塚には、謹んでどんまいと伝えたいところですよね……。

今月号も(いろんな意味で)衝撃でした。サラさんのレビュー楽しみにしています!!
| すずき | 2009/08/06 8:55 PM |
初めまして(゚∀゚)

色々ググってたら、サラさんの「立海新ユニット『海志漢』誕生!〜ジャッカルよ君は何故そこに〜」の記事を見つけて思わずべたまに吹いてしまいましたwww
あとサラさん(勝手に読んですみません)の突っ込みにも(´゜ω゜):;'.*:;

良ければお友達になってください…ジャッカルと!!!
| 雲 | 2009/08/09 11:31 PM |
コメントありがとうございます!

>すずきさん
はじめまして。感想を楽しみにしてくださってありがとうございます!本当に嬉しいです!
すずきさんの「謹んでどんまいと伝えたい」でふいてしまいましたw手塚お疲れ様です…(笑)。

>雲さん
はじめまして!
ジャッカルと友達になりたいです!(笑)
| サラ(管理人) | 2009/11/08 7:13 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/18 11:51 PM |
この記事のトラックバックURL
http://bidoku.jugem.jp/trackback/171